専用トリートメントを使ってケアしよう

ウィッグのメンテナンスとしてシャンプーをするのであれば、シャンプー後にはしっかりとすすぎを行うようにしましょう。
このすすぎが終ったら、水に専用トリートメントを入れます。
そしてその中にウィッグを入れてから3分程度放置します。

そして水で軽くすすいでください。
次にウィッグをしっかりとタオルでふきます。

この時、自分の髪の毛のようにタオルでゴシゴシとふいてはいけません。
ウィッグの毛が絡まってしまいますので、この場合にはウィッグをタオルで押さえるように水分を吸収するようにしましょうね。

ウィッグというのはチョットした摩擦や衝撃でその質が酷く低下してしまうものです。

そのため、普段から頻繁に使用しているのであれば、シャンプーやトリートメントといったことをしっかりと徹底するようにしましょうね。

<<ウィッグ買うなら安い!そして自然なものを!>>

ウィッグを初めて買った時というのは上手く被ることができない場合も多いです。
ウィッグにアジャスターがついていますが、アジャスターやフックをしっかりと止めるのが難しいんですよね。

自分の髪の毛はネットをかぶってしっかりと整えるようにしなければなりませんが、髪の毛が長いのであれば、まずはポニーテールにしましょう。
髪の毛をポニーテールにすることで、よりウィッグの中に髪の毛を収めやすくなりますよ。

このポニーテールは髪の毛をウィッグに収めやすくはなりますが、上手くしなければ頭が凸凹で不自然な仕上がりになってしまうことがありますので、よく覚えておいてくださいね。

ウィッグは上手に使用することができればコレほど便利なファッションアイテムはありません。
でも、コツを掴んで自然に着用するまでには少し時間がかかるかもしれませんね。